元求人派遣担当者が教えるアルバイトのあるべき事 TOP

このサイトについて

アルバイトを探して求人情報を見ていると、似たような言葉でパートタイマーというものを目にすることがあると思います。どう違うのか、多くの人は知らないのではないでしょうか。あまり気にして見てこなかったかもしれません。
パートタイマーというと、短時間勤務の人という意味です。これは、正社員で働く人と比べてという意味になります。アルバイトはというと、短期間勤務の人という意味です。他に本業を持っている人を指すことが多いようです。とはいえ、これはあくまで語源から考える意味になります。実際に求人情報で見る場合はあまり差はないと考えてもいいでしょう。

中には、パートタイマーは決まった時間のみで継続的に働く人、アルバイトはシフト制で勤務時間が変動し、学校の卒業などと共にやめる可能性が高い人、というように考えられていることもあります。そのため、学生の場合はアルバイトというけれど、主婦などはパートと呼ぶことがあります。
求人情報誌でアルバイトとパートを見た場合は、その言葉の意味というよりかは求人の条件に目を通すようにしてください。はっきりと分けられているということではありませんので、求人を探す際は同じような意味で捉えておいたほうが考えやすいでしょう。

    MENU

    おすすめ情報

    キレイなドレスが着られるアルバイト 京都のお仕事です。
    Copyright(C) 元求人派遣担当者が教えるアルバイトのあるべき事 All Rights Reserved.