元求人派遣担当者が教えるアルバイトのあるべき事 TOP

このサイトについて

アルバイトを探して求人情報を見ていると、似たような言葉でパートタイマーというものを目にすることがあると思います。どう違うのか、多くの人は知らないのではないでしょうか。あまり気にして見てこなかったかもしれません。
パートタイマーというと、短時間勤務の人という意味です。これは、正社員で働く人と比べてという意味になります。アルバイトはというと、短期間勤務の人という意味です。他に本業を持っている人を指すことが多いようです。とはいえ、これはあくまで語源から考える意味になります。実際に求人情報で見る場合はあまり差はないと考えてもいいでしょう。

中には、パートタイマーは決まった時間のみで継続的に働く人、アルバイトはシフト制で勤務時間が変動し、学校の卒業などと共にやめる可能性が高い人、というように考えられていることもあります。そのため、学生の場合はアルバイトというけれど、主婦などはパートと呼ぶことがあります。
求人情報誌でアルバイトとパートを見た場合は、その言葉の意味というよりかは求人の条件に目を通すようにしてください。はっきりと分けられているということではありませんので、求人を探す際は同じような意味で捉えておいたほうが考えやすいでしょう。

    MENU

    おすすめ情報

    IT業界に精通した専任コーディネーターが詳細なスキルや希望に沿った参画を実現するIT フリーランス向け案件紹介サイトなら、簡単な操作で気になる案件が見つけられ、就業後も細やかなアフターフォローをしてくれるのでオススメです。
    ノルマや顧客管理が一切ない求人情報を京都で探すなら、好きな時間に働ける完全自由出勤制を導入していて、昼間の仕事との両立が出来て帰りも送迎をしてもらえるので、何かをやりたい短期で稼ぎたい人にオススメです。
    常時5万件超のフリーエンジニア 求人サイトなら、上場企業から中小でも強みを持った企業まで幅広く案件を取り扱っているので、キャリアプランにあった案件を提案してもらえるのでオススメです。
    すべての案件から自分にあった案件を、好きなタイミングでエントリーが可能なSAPの案件を紹介している会社を探しているなら、コーディネーターから余計な連絡もないので、自分のペースで職探しが出来るのでオススメです。
    案件が多く集まる東京という大きな舞台で活躍していきたい人の大きな支えとなるSE 独立をサポートしてくれる会社を探しているなら、様々な案件の中から自分のスキルや希望に合わせたものが選べるのでオススメです。
    Copyright(C) 元求人派遣担当者が教えるアルバイトのあるべき事 All Rights Reserved.